これで長持ち!イクステンションアフターケア!長さ出し後のハンドケア!

これで長持ち!ジェルネイル、イクステンションアフターケア!

ハンドケア,イクステンション,長持ち

イクステンションをした時のお手入れは特に気を使いたいものだと言われています。

 

ジェルネイルはちゃんとお手入れをしていれば、長持ちしやすく3週間程度は綺麗に保てます。
ただ自宅でのハンドケアは少し面倒なものです。

 

そこで、簡単にイクステンションが長持ちするハンドケアも知りたいですよね。
ジェルネイルやスカルプチュアなどのアフターケアでもオススメの方法を紹介したいと思います!

 

イクステンションを長持ちさせるハンドケアとは?

 

ジェルやアクリルのスカルプチュアなどのイクステンションは大変水に弱いものです。

 

食器を洗う時や料理の際、簡易手袋などをすることでイクステンションも長持ちしますよ!

 

シャンプーなどの際にもヘッドマッサージ用のブラシを使うと爪に大きな負担を避けることが可能です。
とにかく水との接触は必要最低限にするのがアフターケアとしては大事ですね。

 

ヘッドマッサージのブラシや手袋は100円均一でも買えるので経済的ですよ!

 

また爪を長く施術されている方は、重い物を持ち上げたりする時は注意が必要です。
できるだけ、イクステンションに負担のかかることは避けましょう。

 

根本から折れてしまうと地爪まで剥がれて大惨事になってしまうこともありますので、自分の爪と同じように考えてはいけませんよ。

 

またこまめにトップコートを塗ることで、イクステンションを浮きにくく長持ちさせる効果もあります。
お手持ちのトップコートも是非使ってみてください。

 

イクステンションにはハンドクリーム+ハンドマッサージ!

 

イクステンションなどを行なった指はとても乾燥しやすいです。
ハンドクリームを常備してこまめにハンドケアを行いましょう。

 

ネイルをしている指の先だけを気にしがちですが、手の全体にクリームを塗りこむことで保湿効果が高くなり、血行もよく爪自体の乾燥も防ぐことができます。
特に夜は保湿力の高いものを使うといいでしょう。
寝ている間のハンドケアは効果大!なんです。
指先のマッサージも夜に行うと大変効果的です。

 

マッサージと同時に保湿力を高めるように、寝る時は手袋をするのもいいですね。
ジェルネイルを施したつめ先には何もしない状態の時よりも水分が失われがちです。

 

キューティクルオイルをしっかり爪の生え際と手全体に塗りこみましょう。
ジェルネイル自体の持ちも良くなり、ジェルが浮きにくくなります。

 

伸びてくる地爪を綺麗に保つという意味でも、キューティクルオイルをこまめに塗りこむのは効果がありますよ!

 

マッサージの方法は、爪の根元に5ミリ程度(少し多めに)のキューティクルオイルを乗せ、そのまま根本から爪の先に押し上げる様にしながら塗りこみます。
手に残ったキューティクルオイルはそのまま指全体に付けて全体のマッサージにも使ってください。

 

ハンドクリームは最終的に仕上げ的な感覚で使ってくださいね!

 

キューティクルオイルで水分をしっかり肌に閉じ込めて、ハンドクリームで蓋をするといったイメージです。

 

最近ではいろんな香りのハンドクリームやキューティクルオイルが出ています。
癒やしの効果がある香りなどを選んで、毎日の日課として楽しくできるようにするといいですね!

 

爪が伸びてくるとイクステンションは爪切りNG!

 

地爪が伸びてきた時に、スカルプチュアなどのイクステンションを爪切りで切ってしまう方がいらっしゃいます。
それは絶対にダメ!です。
爪切りでカットしてしまうと、イクステンションを傷めてしまいます。

 

面倒に感じるかも知れませんが、爪やすりできちんと削るようにしましょう。

 

ジェルネイルなどの場合、やすりは少し粗めのものを選んでゴシゴシと削ってもOKなので、そんなに時間はかかりませんよ!
爪切りNGの理由に、爪切りで切ってしまうと衝撃でせっかくのジェルが地爪から剥がれやすくもろくなる可能性があります。

 

やすりを使うことで長さも調整しやすいですし、失敗も少ないです。

 

きれいなカーブを崩すことも少ないので初心者の方でも簡単にお手入れができます。
削る時には爪の形を意識して削るといいですよ!

 

爪の形がラウンド型かスクエア型では全く印象も変わるのでご自分でイメチェンしてもいいですね。

 

やすりに慣れていない場合にオススメなのは断然スクエアオフ型です。
初心者の方は、スクエアオフ型を意識して削るといいですよ!

 

爪やすりの後はトップコートを必ず塗る様にしてくださいね。
艶感もでるしストッキングを引っ掛けたりという小さなトラブルも減りますよ。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。
自宅でできるジェルネイル、スカルプチュアなどのイクステンションのアフターケア、長持ちする方法を紹介しました。

 

できることからやってみるとハンドケアをしていない時と差がはっきりしてくると思います。
少しでも綺麗に保って素敵で楽しいネイルライフを楽しみましょうね!

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

ささくれ防止にキューティクルオイルを!ハンドクリームとどっちを先に塗ればいい?
ささくれ防止にも有効なキューティクルオイル。ハンドケアに是非取り入れましょう。ハンドクリームと一緒に使うと効果的ですが、塗る順番も大事なんです。
パラフィンパックは自宅で簡単にできる!効果と手順
ネイルサロンでも取り入れられることの多いパラフィンパック。ちょっと特別ケアだけに、自宅では難しいと思っていませんか?でも最近は自宅で出来るキットも市販されています。
ハンドケアの効果を高めるにはハンドマッサージも一緒にしよう!
ハンドケア、クリームを塗るだけではなく、マッサージを一緒に行うと、効果が高まります。正しいハンドマッサージの方法をレクチャーします。
洗い物がハンドケアに?ラップ・手袋でクリームの保湿力を引き出す!
日々の生活の中にハンドケアの時間を取ろうと思っても、なかなかできないですよね。手が荒れる洗い物の時間がハンドケアの時間に変わっちゃう方法教えます。
ハンドケアに必須のハンドクリームの種類を比べてみよう!
ハンドケアには欠かせないハンドクリーム、色んな種類が出ていますよね。手荒れの症状や悩みにあったタイプのハンドクリームを選ぶことで、効果的にケアしましょう。