洗い物がハンドケアに?ラップ・手袋でクリームの保湿力を引き出す!

自宅で簡単!ラップやゴム手袋を使った保湿力の高いハンドケア!

ハンドケア,水仕事、洗い物、ハンドクリーム、保湿

「ハンドケアなんて、そんな時間もお金もないし…。」
なんてハンドケアを諦めてしまっている人もいらっしゃるのではないでしょうか?
でも、そんなことはありません。

 

諦めないで!”ネイリストである私から声を大にして言いたい言葉です!
実際に家にあるもの家事の合間でもしっかりとしたハンドケアが出来るんですよ。
そんな自宅でも行える簡単なハンドケアの方法を紹介しましょう!

 

テレビを見ながらハンドケア!ラップして少し置くだけでもOK!

 

よし!ハンドケアをしよう!
と気負っていると準備をしないといけないなど優先順位があり段々面倒になって来てしまいますよね!

 

そこで、家庭に絶対にあるラップを使いましょう。
ハンドケアの方法は簡単です。

 

お手持ちのハンドクリームをいつもの2倍塗ってください。(少しベトベトくらいでもOK!)
その上から片手ずつラップを2重に巻きましょう。

 

テレビを見ている時間などの手を使わない時間を利用します。30分〜1時間はそのままでOKです。
少し発汗するくらいがちょうどいい時間です。

 

ラップを外したらにぬるま湯で流しましょう。(この時に石鹸やハンドソープは使わないでください。)
見違えるくらいしっとりと保湿された手に生まれ変わります。

 

ぬるま湯で流した後は、仕上げにハンドクリーム(あればキューティクルオイル)で整えましょう。

 

全く難しいことではありませんよね。

 

しかも空いた時間で何もしない間に出来てしまうので簡単です。
これだけで、潤いのある艷やかな手に仕上ります。
主婦の方など、時間をハンドケアに割けない方にもオススメなケアの方法です。

 

ハンドケアは水仕事の時でも出来る!

 

ネイルサロンのお客様でもハンドケアはしたいけど、水仕事があるとどうしても手が荒れてしまうという方がいらっしゃいました。

 

主婦の方ならなおさらハンドケアなんて…。と思いがちですよね。

 

仕事でダンボールを触る方、デスクワークで書類の整理なんて方でも同じです。
紙や布を扱うと、どうしても手の潤いを奪われがちです。

 

そんな常に手の水分が無くなってしまうお仕事の方でも簡単かつ効率のいいハンドケアがあります。

 

それは食器洗いの際にハンドクリームを多めに塗って、使い捨てのビニール手袋を装着、その上にゴム手袋をして食器洗いをするだけでOKという方法です。

 

ハンドクリームの後、直接ゴム手袋をすると、ゴム手袋にクリームがついてべたべたになってしまうので、使い捨て手袋を用意してくださいね。

 

「これの何が効果があるの?」
と思われるかもしれませんが、お湯で食器洗いの洗剤を使って素手で洗うことは手に必要な脂分まで根こそぎ取ってしまいます
洗浄力の高い食器洗い洗剤は手のトラブルの原因にもなるんです!

 

効果は2つあって、食器洗い洗剤の強い洗浄力から手を守る効果と、ハンドクリームを塗ってゴム手袋で洗うことで手が中で蒸されることで保湿効果が高まります
小さなことなのですが、毎日の食器洗いの時にこれをしていると、この積み重ねはしっかりと手肌に出てきます。

 

洗濯や水回りの掃除の時などにもこうやっておくとハンドケアになるんです!
水仕事は肌トラブルの大きな原因です。高保湿は大変効果的です。

 

お金をかけるよりもアイデアでいくらでもハンドケアはできるんですよ。
ひび割れなどをしている方も、仕方ないと諦めてわず、小さな事から始めてみるハンドケアは長続きもすると思います。

 

まとめ

 

「ハンドケアをしよう!」と聞くと身構えてしまいますが、何もそんな難しい事は一切ありません

 

普通の生活の中でもアイデア一つでいくらでもハンドケアはできるんです。
こういった生活の中で家にあるものを使ったハンドケアも行うことで肌年齢がグンと下がって若く見えると思うので是非、試してみて下さいね。
簡単な事ですが、見違えるような手に生まれ変わると思いますよ!

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

ささくれ防止にキューティクルオイルを!ハンドクリームとどっちを先に塗ればいい?
ささくれ防止にも有効なキューティクルオイル。ハンドケアに是非取り入れましょう。ハンドクリームと一緒に使うと効果的ですが、塗る順番も大事なんです。
パラフィンパックは自宅で簡単にできる!効果と手順
ネイルサロンでも取り入れられることの多いパラフィンパック。ちょっと特別ケアだけに、自宅では難しいと思っていませんか?でも最近は自宅で出来るキットも市販されています。
ハンドケアの効果を高めるにはハンドマッサージも一緒にしよう!
ハンドケア、クリームを塗るだけではなく、マッサージを一緒に行うと、効果が高まります。正しいハンドマッサージの方法をレクチャーします。
これで長持ち!イクステンションアフターケア!長さ出し後のハンドケア!
一本だけ折れてしまったり、爪を長さを出したい時に便利なイクステンション。ネイルの中でも特に技術が必要で、施術料も高い!長持ちさせるハンドケアとは?
ハンドケアに必須のハンドクリームの種類を比べてみよう!
ハンドケアには欠かせないハンドクリーム、色んな種類が出ていますよね。手荒れの症状や悩みにあったタイプのハンドクリームを選ぶことで、効果的にケアしましょう。