ささくれ防止にキューティクルオイルを!ハンドクリームとどっちを先に塗る?

キューティクルオイルで指先に潤いを!ささくれ防止にも!

 

冬の乾燥の時期や、ネイルを施した後などに多く見られるささくれ

 

この原因はつめ先の潤い不足です。

 

ネイルサロンではもちろん常用するのですが、キューティクルオイルを塗ることで指先のささくれを防止する効果できます。
また爪に縦ジワが入ってきたなどの爪の栄養分が足りてない時の症状にも予防効果があります。

 

そこであまり馴染みのない方のために、正しいキューティクルオイルの使い方を紹介したいと思います。

 

キューティクルオイルとは?

 

キューティクルオイルは爪の生え際(甘皮の部分)キューティクルに浸透させる保湿オイルです。

 

爪の生え際はマニキュアを塗ったり、甘皮の処理を行なったり、イクステンションを施すことで水分が不足しがちになります。

 

そこで必ず行なって欲しいのが、キューティクルオイルでのハンドケアです。

 

キューティクルオイルはそういった爪先のトラブルを未然に防ぐ効果が高いオイルになります。
今では様々な香りがあり、アロマの効果もあり、香りが苦手だという方にもナチュラルな香りも登場しているんですよ!

 

キューティクルオイルとハンドクリームの正しい順序!

 

キューティクルオイルにも正しい順序があります。

 

ハンドケアと言えば、何もかも塗りたくってしまう方も多いと思います。
ハンドケアの中では保湿は絶対!でも、順序を守って行うことで効果も断然良くなるので是非順番を覚えてみてくださいね。

 

ハンドクリームを塗ってから、キューティクル部分にオイルを塗布している方もいると思います。
この順番は実は間違い!なんですよ。

 

正しくは栄養分を吸収しやすいキューティクル部分から先にキューティクルオイルを塗布することが大事です。

 

浸透力がいいキューティクルオイルは、ハンドクリームよりも先に指先に馴染ませ、後から塗るハンドクリームで蓋をするように塗ることで効率のいい保湿のハンドケアが出来るんです。
キューティクルオイルやハンドクリームを塗る時に手を温めておくこと、お風呂上がりにハンドケアを行うことで細かなシワなどにも浸透するのでいいですね。
キューティクルオイルを塗る時にも軽く爪の甲を押さえるような感じで行うのも血行がよくなるので、効果も断然に違いますよ!

 

順序って大きな効果の違いにもなるので覚えていて損はないと思います!

 

是非、頭の隅に置いておいてくださいね!

 

ネイリストが教えたい!キューティクルオイルペン!

 

イクステンションなどを施したネイルには、毎日キューティクルオイルでのお手入れをした方がいいと思っています。

 

しかし、
「面倒くさい!」
「そんなに頻繁にキューティクルオイルでハンドケアが出来ない!」
と思ってらっしゃる方も非常に多いです。毎日となると億劫になりがちですよね。
そこでキューティクルオイルの便利グッズがあります。

 

今すぐにでも使いたい便利グッズとして教えたいのがキューティクルオイルペンです。

 

筆ペン状になっていて、使いたい分だけを出し簡単に塗布することが可能で、携帯にも便利です。
オフィスで休憩時間にハンドケア!なんて事も簡単に出来ますよ!

 

いつでもどこでもハンドケアができるのも魅力の一つですね。
今は忙しい女性が多いのでこういったペン式のキューティクルオイルは必見ですよ!

 

まとめ

 

手は心臓よりも下にある分、血液が滞りやすいところなのです。
そして血行が悪くなることで手先が荒れたりしてしまいます。

 

キューティクルオイルで毎日ケアをしていると、必要な水分と栄養が行き渡ることで健康な指先をキープできます。

 

また、手の色もワントーン明るくなって綺麗に見えますよ!

 

乾燥やネイルを施すことでどうしてもささくれなどが出てしまうのが指先です。
せっかく可愛いネイルをしていても指先がボロボロではもったいないですよね!

 

それでは素敵なネイルの魅力も半減してしまうので、ハンドケアやネイルケアは重要です。
キューティクルオイルを使って潤いを保っていつまでも素敵な指先でいたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

パラフィンパックは自宅で簡単にできる!効果と手順
ネイルサロンでも取り入れられることの多いパラフィンパック。ちょっと特別ケアだけに、自宅では難しいと思っていませんか?でも最近は自宅で出来るキットも市販されています。
ハンドケアの効果を高めるにはハンドマッサージも一緒にしよう!
ハンドケア、クリームを塗るだけではなく、マッサージを一緒に行うと、効果が高まります。正しいハンドマッサージの方法をレクチャーします。
これで長持ち!イクステンションアフターケア!長さ出し後のハンドケア!
一本だけ折れてしまったり、爪を長さを出したい時に便利なイクステンション。ネイルの中でも特に技術が必要で、施術料も高い!長持ちさせるハンドケアとは?
洗い物がハンドケアに?ラップ・手袋でクリームの保湿力を引き出す!
日々の生活の中にハンドケアの時間を取ろうと思っても、なかなかできないですよね。手が荒れる洗い物の時間がハンドケアの時間に変わっちゃう方法教えます。
ハンドケアに必須のハンドクリームの種類を比べてみよう!
ハンドケアには欠かせないハンドクリーム、色んな種類が出ていますよね。手荒れの症状や悩みにあったタイプのハンドクリームを選ぶことで、効果的にケアしましょう。