自宅で出来るネイルケアの方法!基本のケアからイクステンションの補修まで!

簡単にできるネイルケア!甘皮処理法!

甘皮処理,キューティクルケア,ニッパー

ネイルケアを語る上で欠かせないのが甘皮の手入れです。

 

実際に皆さんは甘皮のお手入れはどうされていますか??

 

甘皮とは爪の生え際にある薄い皮膚のことでキューティクルとも呼ばれています。
この甘皮を綺麗にしておくことで爪の見た目も良くなって、マニキュアやジェルネイルの乗りや仕上りも良くなってきます。

 

でも、実際自宅などで甘皮の処理をする方は少ないようですね。
そこでそんな甘皮の簡単な処理法を紹介しましょう。

 

自宅で簡単!甘皮の処理をしてみよう!

 

ネイルサロンへ通えば甘皮もネイルの施術を行う前に処理してくれますが、この甘皮の処理を自宅でも出来ればネイルアートが更に楽しめます。

 

また、何よりも綺麗な爪を保つことも可能です。
しかし見よう見まねでやろうとしても、処理の方法も分からない上に誤って指先を傷めてしまったらと思うかもしれません。

 

でもそんなに難しいことではないんですよ!

 

そこで簡単な甘皮の処理法で綺麗な指先にしてみましょう。

 

まずは、お手持ちのハンドクリーム、お湯、ハンドソープ、ウッドスティック(メタルプッシャー)、ニッパーを用意してください。(ニッパーが無い場合は眉用ハサミでも代用できます。)

 

(1)甘皮にハンドクリームを塗りこむ。

 

処理したい甘皮の周りにハンドクリームを米粒くらい取って塗りこんでいきます。
この時注意したいのは、丁寧に片手ずつ処理を行うようにしていく事です。

 

(2)ボウルにお湯を張り、そこに液体ソープを加えてよく混ぜる。

 

液体ソープは一滴で十分です。また固形の石鹸などを溶かしてもOKですよ。
混ぜる時にハンドクリームが取れてはいけないので、手を浸けてしまわないようにウッドスティックなどを使って混ぜるようにしましょう。

 

(3)指先を液体の中に浸け込む。

ハンドケア,甘皮処理,キューティクル,方法

約3〜5分以上の時間を目安にハンドクリームを付けた指を浸けてください。

 

イメージでは甘皮がふやけるくらいの時間がベストなので長くてもOKです。
ハンドクリームが流れてしまうといけないのでそれだけは注意をして浸け込んでくださいね。

 

(4)ウッドスティックの準備をする(メタルプッシャーでもOK)

 

(4-1)ここでウッドスティックとコットンを使い、綿棒のようなものを作ります。

ハンドケア,甘皮処理,キューティクル,方法

まず、コットンの中側の部分が出るようにめくります。

 

フワフワとしたコットンのところを出していき、ウッドスティックに巻きつけて綿棒の様に作ります。
(ウッドスティックを濡らしたり、少しやすりをかけておくと巻き付きやすくなります。)

 

(4-2)コットンの形を整える。

 

手のひらを使い、ウッドスティックを回転させるように形を整えます。
少し甘皮を押し上げやすいように鋭利なところを残しておくことがベストです。

ハンドケア,甘皮処理,キューティクル,方法

(4-3)ボウルのお湯にウッドスティックを浸す。

 

ウッドスティックとコットンをお湯に浸して湿らせていきます。
しっかり湿らせたほうが甘皮が処理しやすいのでオススメです。

 

(5)ウッドスティックやプッシャーを使って甘皮部分を押し上げていく。

ハンドケア,甘皮処理,キューティクル,方法

ウッドスティックやプッシャーを使ってふやけている甘皮の部分だけを押し上げていきましょう。

 

処理する際に、キューティクル部分に力をかけ過ぎないことがコツです。
一気に取ってしまおうとすると甘皮の根本が傷付いてしまうことがあります。

 

何度も優しく、少しずつ甘皮を剥がす様に行いましょう。

 

これを10本の指全てに行います。

 

メタルプッシャーで行う場合は力がウッドスティックよりかかりやすいので、注意をしてくださいね。
優しく薄皮を押し上げる様に行なってください。

 

(6)ニッパーで押し上げられた甘皮をカットする。

ハンドケア,甘皮処理,キューティクル,方法

カットの方法としてあまり深くカットをしないことです。
甘皮の根本1ミリを残すイメージでカットしましょう。

 

深くカットしてしまうと、後々ささくれになることが多いです。

 

刃物は切れ味が大事ですので、ニッパーはネイル専門店のものをおススメします!
100円ショップでも売っていたりしますが、初心者の方なら、無理にカットしないで押し上げるだけでもOKです。

 

甘皮の処理を行うだけで爪の印象は変わり、マニキュアやジェルネイルなども施術しやすくなります。
セルフネイルを行う時などにも、綺麗な仕上りになるのでオススメです。

 

甘皮の処理で注意をすることとは?

 

甘皮の処理はネイリストとしてはあまり素人の方には自分でしてほしくはないことでもあります。
キューティクル部分を深く切り込んでしまうと、爪の伸びが悪くなったり、癖のある爪になったりとトラブルを起こす可能性があるからです。

 

甘皮の処理を間違って行なって、血が出てしまった、ネイリストさんに注意されたなんて話も聞きます。
ですので強く甘皮を押し上げることや、必要以上に甘皮をカットしてしまうこともいけません。

 

十分お湯で甘皮をふやかし、肌に優しい処理を自宅では行うように心掛けてくださいね。

 

期間はあまり頻繁に行わずに、月に2回までがベストですね。

 

ウッドスティックはネイルアートなのでも大活躍するので、何度でも繰り返して使用可能です。
注意点は、消毒を必ず行うことですね。

 

キューティクル部分は非常にデリケートな部分です。
常に消毒をして清潔な道具を使用しましょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。
甘皮処理をしている指先は実に美しく変身します。

 

甘皮を処理した後は乾燥しがちになるので、手の潤いの為にハンドクリームを欠かさないようにすることでキラッキラの指先になりますよ!

 

ネイルアートの前はもちろん、甘皮の処理を行えば爪の縦筋表面の凸凹などの予防にもなります。
是非ご自宅でも甘皮の処理を安全に行える方法で、綺麗な指先を手に入れてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

ネイルの悩みにお答えします。二枚爪とヒビの補修法!自爪を美しく伸ばすには?
二枚爪や爪のヒビ割れに、自宅でできるネイルケアの方法を解説します。爪を美しく伸ばしたい人に。
気になる爪の縦線の原因と予防法!縦シワ解消に効果的なツヤ出しの方法を公開!
爪に出来る縦のシワ、気になりますよね。どうして爪に縦線が入ってしまうのか?予防法はあるの?縦シワを目立たなくする方法として効果的なつや出しの方法を解説します。
ネイリストが教える!キューティクルオイルおすすめ
キューティクルオイルはネイルケアに欠かせないアイテム!色んな植物を原料にしたものがあり、容器の形状やテクスチャも様々。シーン別に使い分ければ、いつでもあなたもきれいな指先へ導きます。
ジェルネイルやイクステンションのトラブルとは?カビ?折れたらどうすればいい?
ジェルネイル、イクステンションは長持ちすることでも人気です。でもそれ故起こるトラブルも。グリーンネイルと呼ばれる爪カビが代表的なトラブル。折れてしまったときの対処法も含めて解説します。
男性のためのネイルケア!最近では当たり前なんです!
男性でもネイルケアをする方が増えています。自宅でできるネイルケア。甘皮処理やツヤ出しなどの基本的なケアで、印象アップ!