ジェルネイルやイクステンションのトラブルとは?カビ?折れたらどうすればいい?

ジェルネイル、イクステンションのトラブルと破損の補修法!

 

ネイルサロンで施術を行なってもらってそのままというお客様も実際に居られます。
ジェルネイルを行った後、爪のトラブルなどにならないようにしっかりとケアが必要になってきます。

 

しかし、ネイルケアを行なっていても破損などのトラブルは付き物になってしまいます。
そこで今回はジェルネイルなどのイクステンションのトラブルと破損の補修法について解説しましょう。

 

ジェルネイルなどで起きる爪のカビ

 

ネイルサロンによく行く方やセルフネイルをされる方ならご存知の方も多いと思いますがカビは良くあるトラブルです。

 

皆さんもご存知のとおり、カビは高温多湿を好みます。
日常的な手洗いや入浴などにより、ジェルネイルやスカルプと地爪の隙間に水が入り込んでしまい、そこで水分が留まった状態が続くことでカビが繁殖してしまうことがあります。

 

分かりやすい症状としては、自分の爪とイクステンションの間が緑色になっていればそれはカビです。
アートが邪魔をして、気づかないケースも多いのでジェルネイルなどをした場合には注意して見て下さいね。

 

カビの進行具合によって黄色→薄黄緑→緑→深緑という風に色が変わります。
初期の段階では、ネイルサロンでジェルネイル、スカルプをオフして貰い必要な消毒を行うことが一番大事です。
ひどくなってしまうと皮膚科でしっかりカビをやっつけて貰わなければなりません。

 

爪の間のカビの予防法とは?

 

爪の間にカビが生えてしまうのは、ジェルネイルやスカルプが浮いている証拠です。

 

基本的にイクステンションは持って3週間と言われています。
それまでの間に浮いてきたなと思ったら、ネイルサロンなどで適切にオフをして貰うことをオススメします。

 

そのまま放って置くことでカビは繁殖しやすいからです。

 

また、オフするのがもったいないといって独断でジェルやマニキュアを隙間に埋め込んだりして不衛生な環境にしている人もいます。
そういった事はせずにしっかり爪の事を考えたネイルを楽しむようにすることもネイルケアとしてとても大事です。

 

定期的なお手入れを行うことでカビは生えることもありません。
他にはイクステンションの部分が長過ぎるのも浮きやすい原因になります。

 

メーカー推奨の長さは長くても1センチ前後なので、その長さを守ってジェルネイルやスカルプを楽しむのこともネイルケアや予防に繋がります。
ジェルネイルが少し浮いてきたなと思ったら、カビが発生しないように出来るだけ浮いた部分は清潔に保ちましょうね。

 

イクステンションが割れてしまった時は?

 

イクステンションを経験したことがある方ならご存知だと思いますが、長いイクステンションはとてももろいものです。

 

しかし、できるだけ長くネイルをする方が指先も綺麗に見えるのでつい長くしてしまいますよね。
そこで心配なのがイクステンションが割れてしまうというトラブルです。

 

出来れば元に戻したいですよね。

 

亀裂の度合いによりますが、戻す方法はあります。

 

爪の先ならば簡単に補修が出来ますが、根本だとオフするしか方法はありません。
上述のように爪カビの原因にもなります。

 

爪の先、小さな亀裂(5ミリ以下)くらいならグルーを使いましょう。
グルーを亀裂部分に流し、しっかり時間を置いた後にヤスリとバッファーで磨きをかけて、トップコートを塗ればそんなに亀裂部分は目立ちません。
強度は少し落ちますが、次のお手入れまでの応急処置にはなるでしょう。

 

根本の亀裂はあまり放って置くことはオススメできませんね。
補修としては絆創膏などでしっかり固定をして、その指を使わないようにしましょう。(絆創膏はこまめに取り替えてください。)
そして、早めにネイルサロンなどに行ってオフして貰ってください。

 

爪の根元から折れた場合や、亀裂が入った爪のまま日常生活を送ると流血に至るケガや、カビの原因にもなります。

 

専門のネイルサロンなどでしっかりオフして、爪がもし傷んでいたら1ヶ月程度ネイルをしないようにしてお休みさせてあげましょう。
あまり何回もジェルネイルなどのイクステンションを重ねると地爪が薄くなってしまいますからね。

 

まとめ

 

ジェルネイルやスカルプなどのイクステンションを楽しむ上で、ネイルケアは必須といってもいいでしょう。

 

爪の先に人工的なものを付ける訳ですから、基本的な知識として「爪カビ」「亀裂の応急処置」は知っておいて損はないですよ。
そのようなトラブルにならないためにも日常的にしっかりとネイルケアを勉強しておくだけでも違います。

 

もしもの時の事も考えて、いろんな知識を持ってジェルネイルやイクステンションを楽しみましょう。
正しい知識を身に付けて指先を綺麗に保ちましょうね。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

かんたんに出来るネイルケア!甘皮処理の方法を詳しく!
自宅でできるネイルケア。甘皮処理やツヤ出しなどの基本的なケアから、サロンで施術してもらったネイルをちょこっとお直しして長持ちさせる方法など。
ネイルの悩みにお答えします。二枚爪とヒビの補修法!自爪を美しく伸ばすには?
二枚爪や爪のヒビ割れに、自宅でできるネイルケアの方法を解説します。爪を美しく伸ばしたい人に。
気になる爪の縦線の原因と予防法!縦シワ解消に効果的なツヤ出しの方法を公開!
爪に出来る縦のシワ、気になりますよね。どうして爪に縦線が入ってしまうのか?予防法はあるの?縦シワを目立たなくする方法として効果的なつや出しの方法を解説します。
ネイリストが教える!キューティクルオイルおすすめ
キューティクルオイルはネイルケアに欠かせないアイテム!色んな植物を原料にしたものがあり、容器の形状やテクスチャも様々。シーン別に使い分ければ、いつでもあなたもきれいな指先へ導きます。
男性のためのネイルケア!最近では当たり前なんです!
男性でもネイルケアをする方が増えています。自宅でできるネイルケア。甘皮処理やツヤ出しなどの基本的なケアで、印象アップ!