ネイルサロン就職に有利な資格と、サロンの選び方について

ネイルサロン就職に有利な資格と、サロンの選び方について

ネイリスト.資格,就職,ネイルサロン

 

ネイリスト検定やジェルネイル検定は毎年1万人以上の方が受験すると言われています。
つまりこれだけ多くの方がネイリストになりたい!と思っているんですね。

 

そんな中、ネイルサロンへの就職と言うのは狭き門なのかもしれません。

 

しかし、ネイルサロンでのネイリストとしての経験は絶対にフリーサロン開業などの際に役に立つので就職する方がいいでしょう!

 

ネイルサロンへの就職を有利にするには?

 

以前のネイルサロンの求人条件として、多くがネイリスト検定1級、もしくは2級以上でした。
また、1級取得者と2級取得者ではお給料にも差がありました。

 

しかし現在では2級以上もしくは同等の技術をお持ちの方という求人が多くあります。
つまり、ネイルサロンでは有資格者よりも戦力になる人材が欲しいのだと言うことです。

 

検定を持っていれば就職が出来るとお考えの方は多いかもしれませんが、実際のサロンで必要とされる技術はJNECネイリスト技能検定では触れられていないジェルネイルであったり、技術はもちろん早さも求められます。

 

そういった意味でも資格のみではなく、技術の面で先輩ネイリストに追いつける能力が必要でしょう。

 

練習で得られる事はどんどん努力していくことが大事です。

 

ネイルサロンでは技術以外でも学ぶ事がたくさんある!

 

フリーサロンを視野に入れてネイリストを目指した方には、技術以外でも学べるところが沢山ネイルサロンにはあります。

 

それは、経営の知識であったり、スタッフを雇う場合の管理能力も必要になってくるでしょう。

 

できれば一番出来るネイリストの側で技術を学び、出来る経営者の元で働けるのが理想ですね。

 

ネイルサロンのオーナーは考え方が本当にさまざまで、他のサロンと180度違うなんて方がザラに居ます。

 

尊敬できる先輩ネイリストに出会ったり自分の考えに合ったサロンに就職することで自分のモチベーションも上がりますし、学ぶ事も多いでしょう。
逆に全く考えややり方の合わない上司ならば学べないですよね。

 

反面教師で学ぶ方法もありますが、下積み程度で転職を考えることをオススメします。
0は何を掛けても0です。成長や吸収したい事があるなら、自分の思想と似たサロンへ就職をしましょう。

 

まとめ

 

ネイルサロンでは技術だけではなく、いろんなノウハウを学ぶ事が出来ることが分かって頂けたと思います。

 

もしネイルサロンの起業が将来のビジョンにあるのなら、就職するネイルサロンはしっかりと見定めることです。

 

そのビジョンに向かって邁進を続けるのが大事ですよ。
高い目標がある人の方が身につけるのも早かったりします!
頑張って素晴らしいネイリストになってくださいね。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

ネイサロンだけじゃなかった!ネイリストの職場はどんどん拡大中!
ネイリストの働く場所はネイルサロンだけじゃありません。美容院、エステ、結婚式場などなど。トータルビューティーサロンでのネイリストの役割は大きくなってきています。
失敗しない!ネイルサロン独立開業するには、ネイル資格と実務経験
自分のネイルサロンを開業したいから、資格を取りました。そんな人が増えています。資格取得後すぐの開業はできるのか?
将来ネイルスクール講師になりたい!JNA認定講師の受験資格とは
ずっとネイルに関わっていたいから。JNA認定講師になるにはどうしたらいい?どんな資格が必要なの?そんな疑問に答えます。