ネイサロンだけじゃなかった!ネイリストの職場はどんどん拡大中!

ネイサロンだけじゃなかった!ネイリストの職場はどんどん拡大中!

ネイリスト,資格,ビューティーサロン,就職

ネイリストの資格を取ったら、ネイルサロンだけが就職先の選択肢ではありません。
他にも活躍の場は沢山あります。
それがトータルビューティーサロン結婚式場などのネイリストです。
将来フリーサロンをお考えの方でも大変勉強になることが多い就職先でもありますよ。

 

ネイリストとして美容院へ就職しよう!

 

髪を切ったりパーマをかける間に、ネイルが出来る美容院が増えてきています。
また、そういった美容院はネイリストの数が少ないので、時間の融通も利きやすいメリットがありますね。

 

ネイルサロンに比べて待遇がいいところがあり、その理由として即戦力になる実務経験者を募集している場合が多いです。

 

そう考えると敷居が高そうと思ってしまいがちですが、自分の技術に自信があればチャレンジしてもいいですよ!

 

ネイルサロンなどである程度の経験を積んでいれば、ネイルサロンよりも高待遇な美容院も多く転職の選択肢には良いですね。
独立した時の事を考えて、美容師さんの持つ技術も勉強することが出来るのも大きな利点です。

 

ネイリストの技術はエステサロンでも!

 

エステサロンと言われると、美顔、痩身、脱毛などだと思っている方も多いようですが、ネイリストの募集も実際目にします。

 

トータルビューティーサロンと言う括りでは、ネイルサロンも同じなんですね。

 

エステサロンでは、主にエステでのメニューがメインになりますから、ネイリストとしての仕事もハンドケアであったりマッサージであったりネイルサロンとは少し変わっているかもしれません。

 

また、実際に働いているネイリストの中にはサロンで行われるまつげエクステなどの資格を取ってフリーサロン開業の時に少しでも他との差別化を考えている方もいらっしゃいます。

 

そういった意味でもエステサロンなどの就職は、後々独立を目指す方にも勉強になる職場ですね。

 

結婚式場などでのネイリストのお仕事!

 

結婚式場でもネイリストの募集は見ますね。

 

幸せな場面の演出に携われるのは本当にネイリスト冥利に尽きます。
技術面で見て、結婚式場ではあまり凝ったネイルをしたいと言われないことが多いです。

 

基本新婦は手袋をしないといけないのでごちゃごちゃと盛ったネイルは求められません

 

ですので、ネイリスト検定取りたての段階でも採用されることも多いようです。

 

また、結婚式場では上乗せ料金が高いのでなかなか凝ったネイルをされるお客様もいらっしゃらないようですね。

 

フリーサロンをお考えの方で勉強になることは、結婚式などで好まれるネイルが分かりやすく、ブライダル系が強いネイリストになれると言うことです。
経歴に結婚式場でネイリストとして勤めていた事を書いて売りにも出来ますね。

 

まとめ

 

ネイリストとして就職する上で将来の目標がフリーサロンなどであるなら、何か一つ凄みを身につけておくと良いでしょう。
就職先での自分の技術を伸ばしたいのか、他の事も出来るようになりたいのかなど各々に考えることは違うと思います。

 

また、ネイルサロンだけではなく他の分野に知人を作るのも視野が広がるのでオススメですね。

 

いろんな可能性なども考えてネイルサロンだけを就職先と考えず、広く就職先を見るのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

ネイルサロン就職に有利な資格と、サロンの選び方について
ネイリストの資格を取った後、多くの人が就職を希望するのはネイルサロンでしょう。ネイルサロンへの就職を有利に進めるためには?現役ネイリストが教えます。
失敗しない!ネイルサロン独立開業するには、ネイル資格と実務経験
自分のネイルサロンを開業したいから、資格を取りました。そんな人が増えています。資格取得後すぐの開業はできるのか?
将来ネイルスクール講師になりたい!JNA認定講師の受験資格とは
ずっとネイルに関わっていたいから。JNA認定講師になるにはどうしたらいい?どんな資格が必要なの?そんな疑問に答えます。