独立!出張ネイリストってどんなお仕事?どうやったらなれる?

独立!出張ネイリストってどんなお仕事?どうやったらなれる?

ネイルサロン,開業,出張ネイリスト

 

独立してネイルサロンを開く中でも小規模な資本金で初められるのがこの出張ネイリストです。
しかし、「出張ネイリストをしています。」と言うのはあまり聞かないのではないでしょうか?

 

でも、上手く技術を活かした開業の方法でもあるので是非知っておいて頂きたいです。
出張ネイリストのメリットとデメリットをいくつか紹介したいと思います。

 

出張ネイリストってそもそもどうやってなるの?

 

出張ネイリストは各々個人差がありますが、サロン開業の時に同時に出張もしますというネイリストも多くいます。
フリーで活動するほか、美容系の派遣会社に登録したり、出張ネイル専門の会社に登録する方法もあります。

 

派遣会社から派遣されて、イベントや結婚式で出張ネイルをしたり、出張ネイル会社のネイリストとしてお客様の所へ行って施術したりします。

 

ちなみに派遣会社に登録するとサロンの繁忙期のヘルプの仕事もあったり、紹介予定派遣といってサロンへ正社員として就職できる道もありますので、興味のある方は登録しておくと良いでしょう。

 

実際には出張ネイルだけで食べていくのは難しいので、他に副業をお持ちの方も多く、簡単なものではないでしょう。

 

自分の足と腕で稼ぐのが出張ネイリストです。気軽に始めることが出来ますが、実際にお仕事に繋げるのは少し厳しいのが現状ですね。
しかし隙間産業的なところもあり、深夜や早朝しか時間の無い方などのサロン営業時間外などには重宝されることもあります。

 

出張ネイリストのメリットとは?

 

出張ネイリストのメリットとして大きいのは身動きが取りやすいことです。

 

自分が足を伸ばせる範囲は全て自分の仕事が出来る場所になると思うとどこでも仕事が出来るのがメリットの一つですね。

 

持っていくものはジェルのセットやネイルケアの道具など、必需品の最小限を揃えておけば施術が可能です。
他には例えば、名刺などあるとリピーター獲得にも繋がります。

 

開業資金としては50万以下で始めることが出来るので、大変リーズナブルに開業することが出来ますね。

 

またお客様の家に上がったり、キャンペーン的なもので催し物に呼ばれたりと変わった仕事もあったりと刺激があり新鮮です。

 

ちなみに私も出張ネイルを行なった事があるのですが、開店前の居酒屋さんで賄い付きの仕事と言う風変わりなところで施術を行なった事もあります。

 

そんな例もあるので、アクティブな方には向いているし、メリットは多いですよ。

 

出張ネイリストのデメリットとは?

 

逆にデメリットとなるのは、どうしても予約と予約の間に移動時間が発生したり、多くの道具は持ち歩けないので、その度に支度が変わったりすることですね。

 

普通のネイルサロンのように続けて何件もの予約を入れることはよっぽど近い場所でない限りできません。

 

より多くのお客様を取りたいのであれば、営業時間などは限定することはできないですね。
早朝であったり、深夜であっても「予約を貰えるのであればどこへでも行く!」と言う方も多いようですね。

 

そういった意味では他のネイルサロンが営業していない時間の予約が多くなるので夜型になってしまう方もいます。
そんな不規則な生活の中でも自分のリズムをしっかりコントロールする能力も必要になります。

 

また、お客様にとって自宅などのプライベート空間に迎え入れることはあまり好きではないと思う方も多いので、出張していくためには心理的なハードルを下げる努力が必要です。

 

そういった事も考慮して、ブログホームページなどでパーソナルな情報を公開しておく必要があるので、出張ネイリストは雑務が多いのもデメリットかもしれません。

 

まとめ

 

出張ネイリストは身動きや休みなども自由に取れるので大変身軽な仕事ですが、収入もそれなりに身軽…なところもあるんですね。

 

頑張って「どこでも行きます!!」「何時でもやります!」というスタンスのネイリストさんは活躍出来るでしょうし、実際にそこに需要は存在します

 

もちろんそれなりの収入も得ることが可能です。

 

どこかで構えて、ネイルサロンを開業するのではなく、道具片手にお客様の元に出かけていく出張ネイリストは、他の開業スタイルと比べると少し収入も不安定かもしれませんね。

 

各々のしたい開業スタイルに合ったものでお仕事が出来ると一番いいのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

ネイルサロンの開業資金はいくらかかる?自宅型、店舗型タイプ別に解説
ネイルサロンを開業するには、いくらぐらい資金が必要なのでしょうか?自宅でなのか、店舗を借りてなのかで、かかるお金も変わってきます。
独立!開業したら収入はどうなる?サロンオーナーの給料とは?
ネイリストを目指す人の中には、将来独立してネイルサロンを開業したい人も多いですよね。現在フリーのネイリストとして働いている私の、リアルな話を紹介します。
独立!店舗型ネイルサロンの開業のメリットデメリット!
ネイリストを目指す人の中には、将来独立してネイルサロンを開業したい人も多いですよね。現在フリーのネイリストとして働いている私の、リアルな話を紹介します。
独立!自宅ネイルサロン開業はメリットばかり?注意点やデメリットも
ネイルスクールでも自宅サロンサポートコースがあるなど、自宅でネイルサロンを開業したい方が増えています。開業にあたっての注意点、メリットとデメリットもしっかりお伝えします。