独立!開業したら収入はどうなる?サロンオーナーの給料とは?

独立!開業したら収入はどうなる?サロンオーナーの給料とは?

ネイルサロン,開業収入,お金,増える

 

「ネイルの資格を取ったらネイルサロンで修行をしてゆくゆくは独立をしたい!」
と思っている方は多いと思いますが、では実際の独立したネイリストの方々のお給料はご存知でしょうか?

 

実際の統計で勤務しているネイリストの平均月収は、20代が約18〜22万円30代が25〜30万円40代では19〜22万円となっています。

 

あくまで推定なのですが、ネイルサロンの給料が40代で下がっているのではなく、多くのネイリストが独立しているのだと思います。

 

では実際に独立したネイリストはどのくらいのお給料を貰っているのでしょうか?

 

店舗型ネイルサロンの場合のお給料は?

 

店舗型ネイルサロンではお給料となるとピンキリだと言われています。

 

独立したからと言ってお給料が良くなるとは限らないのが現状のようですね。

 

例えば、経営しているサロンなどがメディアで取り上げられたりするだけでも宣伝効果で大きな収益を上げることになりその分お給料に跳ね返ってきます。
有名なネイルサロンやネイリストになれば、年収1,000万を超える方もたくさんいらっしゃいますね。

 

しかし、一方ではサロンを維持するだけで精一杯なところもあるようですね。
そちらの方が多いと思います。

 

どうしてそんな大きな開きが出るのかと言うことですが、もちろん運営の力が違う事があります。

 

時代を先読みする力、時代の流れに対応出来る能力がある店舗型ネイルサロンは生き残っているのだと思いますね。

 

さらにサロンを開業するのであれば、経営者としての能力も求められます。
そういったところで、店舗でネイルサロンを開業したから雇われネイリスト時代よりも必ず儲かる訳ではないようですね。

 

自宅ネイルサロンの場合のお給料は?

 

ネイルサロンを開業した場合、経費が掛かるのでお客様から頂いた現金が全て収入になるわけではありません

 

そこで店舗を借りないで自宅の一室を使うことが出来れば、家賃分の経費を抑えることが出来るので、その分粗利も増えます

 

小さなお店の方が振り幅が少ない分大きな損益が出ないと言うこともありますね。
そういった意味では自宅でネイルサロンを開業を行う方は既婚の方お子さんの居られる方などでも多くいらっしゃいます。

 

「大きな収入は無くてもいいがサロンを開きたい。」
「副収入的なものが欲しい!」
などのお考えで自宅ネイルサロンをされている方も含めると自宅ネイルサロンのお給料は月10万前後の方も居れば、商用賃貸マンションなどでガッツリお客様を取っている方は月100万以上の月収を稼ぐ方もいらっしゃいます。
自宅ネイルサロンの場合は前者がダントツで多いと思います。

 

お子さんがいらっしゃっても、時間を予約制にするだけで自宅を職場にできるのはネイルサロンの特権ですからね。

 

まとめ

 

店舗にしても、自宅にしてもネイルサロンの特長によって収入が変わってくるのが開業する醍醐味だと思います。

 

お給料の記事を見ている方は稼ぎたい方なのでしょうか?
開業したい!と思っても実際にお金は大事ですもんね!

 

大事なのは店舗にしても自宅にしても、ネイリスト自身の理想のサロンを作っていければいいと思います。
要は多くの人に来てもらいたいのか、それとも友人や知人だけを対象にしたプライベートサロンにしたいのか、癒やしをコンセプトにするのか、安さを売りにするのかなど様々です。

 

群雄割拠のネイルサロン業界はなにか個性を出さないと沈んでしまうと思います。
しっかりとしたコンセプトのあるサロンを提案すれば、自ずとそれに引き寄せられたお客様が来てくれ収入も安定するのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

ネイルサロンの開業資金はいくらかかる?自宅型、店舗型タイプ別に解説
ネイルサロンを開業するには、いくらぐらい資金が必要なのでしょうか?自宅でなのか、店舗を借りてなのかで、かかるお金も変わってきます。
独立!店舗型ネイルサロンの開業のメリットデメリット!
ネイリストを目指す人の中には、将来独立してネイルサロンを開業したい人も多いですよね。現在フリーのネイリストとして働いている私の、リアルな話を紹介します。
独立!自宅ネイルサロン開業はメリットばかり?注意点やデメリットも
ネイルスクールでも自宅サロンサポートコースがあるなど、自宅でネイルサロンを開業したい方が増えています。開業にあたっての注意点、メリットとデメリットもしっかりお伝えします。
独立!出張ネイリストってどんなお仕事?どうやったらなれる?
スーツケースひとつで独立開業できるのは、ネイリストの大きな魅力。お客様の指定の場所に出張していくタイプのお仕事もあります。出張ネイリストのメリット、デメリットをお伝えします。